和楽器の販売、修理、相談はお任せください。和太鼓、三味線、筝(琴)、撥(ばち・バチ)、篠笛の販売、修理を承っております。

当り鉦(チャンチキ)の使い方

当り鉦の基本的な使い方に関して下記に記してみましたので、参考にして下さい。


1. 持ち方

先ず、持ち方ですが、手と指の形は画像1の様にし、親指と人差し指で作るラインの上にちょこんと乗せて持ちます。決して掴んだり握ろうとしてはいけません。


持ち方

2. 指の添え方(ミュート)

残りの3本の指はくっつけて画像2の様に当り鉦の裏側にぴったりと付てミュートを掛ける様にします。


指の添え方

何故ミュートを掛けなくてはいけないかと申しますと、鳴らしてみるとお分かりの様に、鉦の音は結構うるさく、太鼓や笛、唄等の邪魔になってしまうからです。

鉦には上下が有り、画像の様に房を通す穴の開いている丸い方を下にして持ちます。 試しに、尖った方を下にして持ちますと指などに若干違和感(痛み等)を感じますので直ぐに拙い事が判ります。


画像の3番は表側から見たものです。


指の添え方

3. 撞木の持ち方

撞木の持ち方は色々とございますが、ここではごく一般的な持ち方をお伝えしたいと思います。

画像の4番の様に撞木を短めに持つ場合と5番の様に長めに持つ場合の2通りが有ります。


撞木の持ち方
撞木の持ち方

どちらも持ち方は一緒で、親指と人差し指で軽く挟み、残りの指も添えているだけで、しっかりと握ったりしてはいけません。

撞木の振り方は親指と人差し指で挟んだところを支点として振るようにします。手の中で撞木の柄の部分が上下に振れる様に動くのが判る程度に持つ位で良いでしょう。


4. 当り鉦と撞木の鹿角の位置関係

そして当り鉦と撞木の鹿角の位置関係ですが、画像6番の様に当り鉦の底から浮かして準備をし、間違っても画像7番の様に当り鉦の底を擦る様な鳴らし方をしてはいけません、底を擦らずに縁の音だけを出して下さい。


当り鉦と撞木の鹿角の位置関係
当り鉦と撞木の鹿角の位置関係

5. 撞木を振る方向

最後に、撞木を振る方向ですが画像8番の様に左右に振る方法や、画像は御座いませんが上下方向、 と色々ございます。


撞木を振る方向

お好きなスタイルで鳴らしてみて気に入った鳴らし方で練習に励んで下さい。


≪当り鉦(チャンチキ)の販売はコチラ≫