和楽器の販売、修理、相談はお任せください。和太鼓、三味線、筝(琴)、撥(ばち・バチ)、篠笛の販売、修理を承っております。

1、写真とまったく同じ商品が届くのですか?

品質は同等の商品をお届けいたします。弊社取り扱い商品は木や皮など天然素材を使用したものが多く、その性質上個体差が生じます。そのため木目や色など画像とは異なりますことをご了承下さい。商品の仕様や付属品などはご案内の通りですのでご安心下さい。

2、太鼓の皮が真っ白ではないようですが。

弊社の皮は薬品を大量に使用し、更に、漂白して作られた皮ではなく、昔ながらの糠を使って仕上げた皮のため、その糠の色が皮の色となっております。

3、子供用はありませんか。

太鼓の台でしたら、低いものをご用意している種類がありますので、そちらをご利用ください。バチはお子様の体格に合わせた調整もいたしますので、ご注文の際に身長や曲目などをお知らせいただければご相談の上、長さや重さを決めさせていただきます。お買い替えの場合は、ご指定いただければご使用中のものに近い調整をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

4、他店で購入した太鼓の修理はできますか。

勿論、修理はお受けいたします。但し、ベニヤ板製、極端に安い集成太鼓などのくりぬきではない太鼓は、そもそも修理を繰り返して長く使用することを想定した作りになっていないものも有りますので、修繕作業ができない場合もございますが、できるだけご要望にお応えしたいと思います。
古くても上質な太鼓を中古で手に入れた時など、修理によりびっくりするほど立派な太鼓に生まれ変わる事もありますので、是非、お問い合わせ下さい。

5、商品の実物が見たいのですが。

メールにてご連絡いただければ、東京にあります弊社商品取り扱い店をご案内させていただきます。

6、太鼓を保管する際、どのようなことに気をつければよいでしょう。

皮が湿気を吸わないように、湿度が高くなる場所は避けてください。床に直接皮が触れるように置いておくと、床から湿気が上がってくることがありますので、ケースに入れるか、台の上に置いておかれることをお勧めいたします。
また、直射日光のあたる窓際や倉庫代わりの自動車内は避けて下さい。
大きな太鼓になりますとかなりの重量があります。不安定な場所におかれますと下敷きとなり思わぬ大怪我につながることもあります。高いところから太鼓をおとしますと胴に傷が付いたり皮が破けたりする事も有ります。安全な場所を選んで保管してください。

7、太鼓の保障、補償範囲はどうなっているのですか。

製品には万全を期しておりますが、通常の使用状態で皮の緩みが生じました場合には初回のみ無料にて修理させて頂きます。但し、送料は御負担下さい。
 なお、太鼓は新品よりも叩き込んで皮がなじんでくると、より良い音が鳴るようになっています。このような音色の変化は製品不良ではございません。
 お客様の音色のお好みによっては、かなりいっぱいに張った皮をご希望になる方もいらっしゃると思いますが、この場合はご注文時にお申し付け下さい。硬く張った皮は音を出すのに技術も体力も要しますので、日頃からこのような太鼓を叩きなれている方以外にはあまりお勧めしておりません。特にご指定のない場合にはごく一般的な皮の張り方をいたします。
 一般的な用途、使用状況では不都合が出てくることのないように、品質管理を行っておりますので、どうぞご安心くださいませ。

8、海外からの注文はできますか。

はい。海外からもご利用いただけます。
詳しくはこちらをご覧ください>>>